人気ブログランキング |
GR DIGITAL III - Firmware v2.10
f0166905_2359051.jpg




GRD3の機能拡張ファームウェアアップデートの第2弾が5月19日よりダウンロード可能です。

http://www.ricoh.co.jp/dc/download/grd3.html



今回は5つの機能がアップデートされました。

新機能 1 ノイズリダクションの性能が向上
新機能 2 オートブラケットの設定項目を変更
新機能 3 撮影画像のトリミングが可能に
新機能 4 ホワイトバランスの「白熱灯」が2種類に
新機能 5 シャッタースピード自動シフト機能の追加




早速アップデートしてみましたが、個人的には今回はあまり実用的な機能がありませんでした。


1)ノイズリダクションはMAXという項目が追加されましたが、基本的にノイズリダクションを使わなくとも
GRD3ではISO800までは十分に実用内ですのでこれまでもOFFにしていました。
実際に試しに撮ってみましたがやはりディティールはかなり損なわれる印象です。
そもそも、ISO1600で撮りたい場面が私にはあまり無いので使わないと思います。

2)オートブラケット機能が±2Evの範囲までの設定が可能になりました。
操作性の良いGRDではMenu画面でブラケットを選択しに行くよりも露出補正ボタンで自分でブラケット
して3枚撮った方が早い気がします。

3)トリミングはPCでやります。

4)ホワイトバランスは白熱灯1と白熱灯2が出来ました。白熱灯1は色温度が低め、白熱灯2は高めです。
従来の白熱灯の設定は白熱灯2の方です。
元々GRD3には優秀なマルチパターンAWBがあって割と自分の好みに近いのでほぼそれで撮ります。
たまに意図してWBを変える時には使える機能かもしれません。

5)シャッタースピード自動シフト機能はSモードで適正露出が得られない時に、
自動的に適正なシャッタースピードへ変更するというものです。
実際に使ってみましたが、AUTO-HI等を使ってISOを固定していない場合に自動シフトすると
ISO64など低感度になる傾向があって室内などでは手ブレが連発しそうです。
そもそもシャッタースピード優先じゃなくなるので、もしシフトするとしたらまずはISOをシフトしたらどうかと
思いました。ISOといってもGRDではISO64~1600までなのであまり現実的な話ではありませんが。
どちらにしてもSモードは世界の車窓モードとしてしか使わないので私にはあまり縁の無い話だと思いました。




前回のファームアップの際の「ADJ. ISO ダイレクト変更」は本当に素晴らしいファームアップだと思いました。
そういった直接的な操作性に関わるファームアップだと嬉しいのではと思います。

GRDは3になって操作性やコンパクトデジタルカメラとしての写りはほぼ完成に
近づいているのではと思われます。
あまりこれ以上の期待はしない方が良いのかもしれません。
というよりも十分満足しています。


次のファームアップはGRD4が出る頃になるのでしょうか。
撮像素子が大きくなったりするのでしょうか。
by milkrich | 2010-05-20 01:13 | About Photo/Camera
<< GR DIGITAL III ... Wait For A Train >>